インストールマニュアル

ご利用いただけるブログ・掲示板など、ウェブアプリケーションのインストールマニュアルを公開しています。

トップ > サポート > インストールマニュアル

PukiWikiのインストールマニュアル

本マニュアルではPukiWikiをインストールする手順を紹介します。
PukiWiki公式サイト(日本語)もご活用ください。
*本マニュアルはバージョン1.4.7_notb (UTF-8版)について記述しております。
*PukiWikiはデータベースを利用しません。
*本マニュアルにおいて公開用URLとアップロード場所は以下の通りとします。

●公開用UR:http://www.お客様のドメイン名/pukiwiki/
●アップロード場所:お客様のホームディレクトリ/html/pukiwiki/

1.下記サイトよりPukiWiki本体をダウンロードします。
PukiWiki本体をダウンロードはこちらから
*特に支障がない限り最新バージョンのUTF-8版をご利用ください。
2007年12月現在の最新バージョンは1.4.7_notbです。
2.ダウンロードしたファイルを解凍します。
解凍すると【pukiwiki-1.4.7_notb_utf8】フォルダができます。
*解凍には「Lhaca デラックス版」等をご利用ください。
3.【pukiwiki-1.4.7_notb_utf8】フォルダ内の【pukiwiki.ini.php】ファイルを編集します。
・123行目にある【$modifier = 'anonymous';】の【anonymous】を管理者(お客様)の名前に変更してください。
・126行目にある【$modifierlink = 'http://pukiwiki.example.com/';】の
【http://pukiwiki.example.com/】をお客様のホームページのURL等に変更してください。

・193行目にある【$adminpass = '{x-php-md5}!';】の【{x-php-md5}!】をお好きなパスワード(半角英数字)に変更してください。

*使用するテキストエディタ等により表示のされ方は異なります。
*編集内容等により行数は変化しますので掲載されている行数は目安としてください。
*シングルクォーテーションは削除しないでください。
*本マニュアルでは$adminpassに設定するパスワードは英数字そのままの状態として説明しています。公式サイトでは暗号化した値を設定する手順が公開されています。詳しくは公式サイトをご確認ください。
*本手順の項目以外にも設定可能な項目がありますが、詳しくは公式サイト(インストールを解説したページやQ Aぺージなど)をご確認ください。
4.ファイルをサーバにアップロードします。
FTPクライアントソフトなどで【pukiwiki-1.4.7_notb_utf8】フォルダ内のファイル・フォルダをサーバの公開用ディレクトリにアップロードしてください。
例:公開用URL http:// www.お客様のドメイン名/pukiwiki/

アップロード場所 お客様のホームディレクトリ/html/pukiwiki/
*ホームディレクトリとはFTP接続した直後に表示されるディレクトリのことです。
*デフォルトではhtmlディレクトリ内にpukiwikiディレクトリは存在しません。
ご自身の環境に合わせてディレクトリを作成してください。
5.アップロードしたファイル・ディレクトリにパーミッションを設定します。
設定するパーミッションは【pukiwiki-1.4.7_notb_utf8】フォルダ内の【INSTALL.txt】ファイル「4. サーバ上のファイルおよびディレクトリのパーミッションを確認します。」に記述されています。

*公式サイト(http://pukiwiki.sourceforge.jp/)のインストールを解説したページにもパーミッションの説明があります。ディレクトリ、ファイルごとに丁寧に表示されていますので、公式サイトを確認しながら設定されるとよいでしょう。
*パーミッションの変更はFTPクライアントソフトなどで行うことが可能です。
6.ブラウザでアクセスして確認します。
インターネットエクスプローラなどのブラウザで「http://www.お客様のドメイン名/pukiwiki/」にアクセスし、エラー画面が表示されなければインストール完了です。
PukiWikiのの例は弊社デモ画面にて確認していただけます。
*設定、カスタマイズ、ご利用方法等はサポート対象外ですので予めご了承ください。
*PukiWikiの情報に関しましては公式サイトをご覧ください (インストール手順・設定等が詳しく説明されています) 。
おまけ情報 ~ドメイン直下で運用したい場合~
PukiWikiをドメインの直下で運用したい(公開用URLをhttp://www.お客様のドメイン名/にしたい)場合はアップロードする場所をドキュメントルートであるhtmlディレクトリにしてください。
その他のインストール手順はマニュアル通りですが、マニュアルや画面上で表示されるファイルやディレクトリなどのパスは適宜読み変えてください。
公開用URL http://www.お客様のドメイン名/

アップロード場所 お客様のホームディレクトリ/html/
おまけ情報2 ~暗号化したパスワードの設定~
暗号化したパスワードを設定するのに、一度インストールしたPukiWikiを利用する方法を紹介します。通常は社内ネットワークなどの信用できるネットワーク内で行います。
A.PukiWikiをインストールマニュアルの通りインストールします。(ご自身のパソコン内のPukiWikiを削除しないでください。)
B.Internet Explorerなどのブラウザで「http://www.お客様のドメイン名/pukiwiki/index.php?plugin=md5」にアクセスします。
C.以下のように表示されますので、「Phrase」に設定したいパスワードを入力し、「PHP md5()」のラジオボタンにチェックをし、「Compute」をクリックします。

D.以下のように表示されますので、結果として表示された文字列をコピーします。

*表示される文字列は「Phrase」に設定したパスワードによりそれぞれ異なります。
E.インストール時に手順3で編集した【pukiwiki.ini.php】ファイルを再度編集します。
編集する項目は「$adminpass」です。シングルクォーテーションで囲まれた部分に先ほどコピーした文字列を上書きで貼り付けてください。
・編集前(画像は手順3と同じものです。インストール時に設定した半角英数字と読み変えてください。)

・編集後(画像は例としてDで表示された文字列を貼り付けた場合です。)

*シングルクォーテーションは削除しないでください。
F.上書き保存した【pukiwiki.ini.php】ファイルを再度サーバーの同じ場所にアップロードします。以上で暗号化したパスワードが設定されます。

●PukiWikiのデモ解説
お客様が新規ページの追加・編集・削除を自由に行えるPukiWikiのデモサイトをご用意しました。画面上部の「新規」をクリックし、新しいページを追加・編集してください。 PukiWikiにおける記法などはデモサイトのにある「テキスト整形のルール(詳細版)」を参照してください。
また、PukiWikiの公式サイトもご参照ください。
ご利用にあたっては以下の点をあらかじめご理解いただきますようお願いいたします。

  1. インストール時に最初から用意される各ページは編集できません。
  2. レイアウトの例が見たい場合はにある「SandBox -- 編集をお試しください」を参照してください。SandBoxは通常、PukiWikiによる編集を練習するためのページとして利用されますが、本デモでは編集できません。SandBoxの編集は行わず、新規ページを作成してください。
  3. 不特定多数の方が自由にページ編集(作成・編集・削除)できることがWikiシステムの特徴ですので、お客様の作成したページに対し、他のお客様が編集行為を実施できますことご理解ください。
  4. インフォジャムがお客様の作成されたページに不適切な内容があると判断した場合、そのページごと削除いたします。
  5. 多くのお客様に快適にデモサイトをご利用いただくため、内容にかかわらず、予告なくお客様の作成されたページを削除することがあります。(定期・不定期)
デモはこちら