共用サーバー機能一覧

共用サーバーから専用サーバー、さらにメール専用サーバーまで様々なサービスを提供しております。お客様にぴったりのサービスがきっと見つかります。

トップ > 共用サーバー機能一覧

サブミッションポート

スパムメールの拡散を防ぐため、日本のプロバイダではポート25ブロッキングというセキュリティが普及しています。
ポート25ブロッキング対策が施されたプロバイダをご利用の方がレンタルサーバのメールサーバを利用してメールを送信する場合、通常の25番ポート経由ではメールが送信できません。そこで、サブミッションポートと呼ばれる別の送信専用のポート番号587番を使う必要があります。インフォジャムの共有サーバでは、サブミッションポートに標準で対応しているため、メールソフトの設定で送信ポート番号を 25 から 587 に変更することでメールを送信することが出来るようになります。

前のページに戻る